読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

札幌のゲーム会社まとめ更新2017年

kato 雑談
お久しぶりです、加藤です。
新年の挨拶通り越して、もう新年度も近い挨拶です。
 
 
更新がなかったことからおわかりかとは思いますが、おかげさまでスタジオ・サニーサイドの二人とも忙しくさせていただいております。
子供も来年度からは二年生! 小学校ライフにも慣れ、PTAでコメント書きの依頼が来た時に反射的に「何文字ですか?」と返してしまったりしつつも、なんとかやっています。
 
 
気になるニュースといえばニンテンドースイッチが発売されましたね!
もちろん我が家でも購入したいところですが、PS4もほしいし悩み中です。
その前にまずは積みゲーをなんとかしようぜ!ということで、WiiUの「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をプレイ中です。がしかし、今スタルチュラが倒せなくて詰んでいます(注:スタルチュラ…クモのモンスター、ザコ)
 あまりにも倒せないので検索して倒し方を調べたんですが、ザコなのであまり説明がないんですよね~。ちなみに過去のゼルダでは問題なく倒せていたので、私の能力が落ちているのが問題かと思われます。悲しい理由です。ブラウザの検索履歴が「スタルチュラ 倒し方」「スタルチュラ 倒せない」というワードで埋まる悲しみを味わいながらもう少し頑張ります。こんな理由で諦めたくない…!
 
 
さて、毎年新年に更新していた、札幌のゲーム会社まとめ、遅くなりましたが更新しました。
今回のトピックスは
などです。
 
引き続き、札幌でゲーム開発に関わる会社さんの情報がありましたらお寄せください。よろしくお願いします!

【お仕事紹介】ニンテンドー3DS「アイカツスターズ!Myスペシャルアピール」発売!

ban サウンド仕事
一年経つの早っ!お世話になっております。banです。
 
 
さて今日はお仕事の紹介です。去る11/24に、バンダイナムコエンターテインメント様からニンテンドー3DSソフト「アイカツスターズ!Myスペシャルアピール」が発売されました。banはそのシステムBGM作曲、追加分SE制作、そして全体的なサウンド調整を担当させていただきました。
 
 
公式サイトはこちら↓
 
先行して、基本無料のダウンロード版「アイカツスターズ!ファーストアピール」が配信されておりましたが、今回のパッケージ版ではマイキャラの作成やドレスメイクなど、できることがぐぐっと増え、さらにストーリーモードも追加されてます。
 
 
リズムゲームの楽曲も最初から11曲実装済み。パッケージ版限定の楽曲もあるうえ、eショップからの追加ダウンロードでさらに楽曲を増やすことも可能です。さらにじっくり歌やダンスを鑑賞できる「ミュージックビデオモード」もあり!という大盛りの内容。さすがパッケージ版さまやで…。
 
 

 
 
リズムゲームには、アニメやデータカードダス版でもおなじみの曲が勢揃い。今回3DSへの組み込みの際に何度となく聴き返した訳ですが、毎回アイカツの曲は本ッ当にクオリティ高いなーと仕事を忘れて聴き入ることしきり。アニメのOPを飾った名曲「スタートライン!」や、鬼キャッチーな「アイカツ☆ステップ」を筆頭に、どの曲も高いレベルのソングライティングとアレンジが詰まっていて、いい仕事っぷりがあまりにもにくい。にく過ぎ。
 
 
banは、それ以外のシステム部分のBGMをほぼ全曲書き下ろしました。アイカツスターズ!の世界を壊さないように注意しつつ、キラキラとポップさを詰め込んだ曲に仕上がってますので、ぜひそちらにも耳を傾けてみてください。
 
 

f:id:studio_sunny_side:20161130125938j:plain

一年生の3DSを拝借して遊び中。
 
 
というわけで私も早速購入。自宅でこっそりキャラメイクに勤しんだりあれこれコーデしたりストーリーモードをコツコツ進めてたりします。なおパッケージを小1の息子に発見され「だれがかったの?これ…」と不審の眼差しを向けられたので「おっお父さんが仕事で関わったやつだから!ホントだから!」と誤解のないよう言い含めて置きました。おわり。
 
 
 

第18回札幌ゲームクリエイターズ会開催!

kato 仕事一般

こんにちは、加藤です。この時期は靴用カイロがオススメです。

 

 

先日札幌ゲームクリエイターズ会が開催され、前回は坂東が参加したので今回は私が行ってきました!(交代制です)

f:id:studio_sunny_side:20161127165311j:plain

札幌ゲームクリエイターズ会も、誰ももう数えてないけど今回で18回目となりました。そしてなんと、今回の参加者は約110人!道外、東京や福岡から有名企業のそうそうたる方々がご参加くださり、大変熱く盛り上がりました。

 

会では参加者の交流の他に、主な参加者企業さんからのご挨拶、お店のご厚意でシャンパンタワー、そしてミニファミコンによる「マリオブラザーズ大会(通称:マリオ殺し合い大会)」が行われ、あっという間の2時間でした。

 

f:id:studio_sunny_side:20161127161833j:plain

華やかなシャンパンタワー!ダーツバルTitoさんありがとうございます。

 

 

元々は仲間の飲み会だったこの会がここまで大きくなり、感慨もひとしおです。

昔居酒屋の個室に20人くらいで集まったら、全員話に夢中で座敷なのに立ちっぱなし、ろくに食事もしなかった、ということがありまして、以来「クリエイターズ会にはイスも食事も(そんなには)いらないな…!」と覚った次第でございます。

 

以前は幹事のお手伝いなどしていましたが、今は会社の皆さんが持ち回りで受け持ってくださって、私も一参加者として楽しませていただいております。

今回の幹事のインフィニットループさん、またいろいろアドバイスくださったハ・ン・ドさん、ありがとうございました!

そして次回幹事のアクロディアさん、どうぞよろしくお願いします!

次回は来年、2017年の5月頃開催予定とのこと。今回参加できなかった方、また道外の皆さんからのご参加をお待ちしております!

f:id:studio_sunny_side:20161127165316j:plain

「マリオ殺し合い大会」のひとこま。しかしそのネーミングどうなんですか。

 

 

また最後にお知らせです。

先日もブログで紹介しましたが、バイオハザードと少年バカボンがコラボしたホラーRPG「バカハザ」、好評配信中です!加藤はシナリオ・テキストを担当させていただきました。

初代バイオハザードを、なつかしのドット絵やピコピコ音源で完全再現!かわいくもこわ~い、しかもやり応え十分という男気あふれる(?)アプリです。

アップデートで操作性や利便性もアップしておりますのでどうぞよろしくお願いします。

bakahaza.com

 f:id:studio_sunny_side:20161123152132j:plain

当然あの有名な文章もございます!(バカボン風アレンジはしてます)書けてうれしかった~。

【お仕事紹介】豪華コラボ!バカボン×バイオハザード「バカハザ」

kato お知らせ シナリオ仕事
冬の訪れを認めたくない加藤です、こんにちは。
 
さて今回はお仕事紹介です。
今回お手伝いさせていただいたのは、ゲームドゥさんがパブリッシャーとして配信されたスマホゲーム、その名も「バカハザ」でございます。
こちらのサイトや動画をごらんいただくとわかる通り、今作は漫画「少年バカボン」と人気ゲーム「バイオハザード」のコラボでございます!
赤塚不二夫先生のフジオ・プロダクションさま、カプコンさま公認の公式アプリです。
私はシナリオ作成とスクリプトのお手伝いをさせていただきました。
 
 
「少年バカボン」は「デンゲキバズーカ!!」誌で連載されていた、原作/赤塚不二男先生、漫画/吉勝太先生のギャグ漫画です。
いわゆる「天才バカボン」とは違いまして、バカボンパパそっくりの元気な男の子・バカボンが、天才バカを目指す学校・バカ田大学付属バカ出小学校に転校して、オバカでヘンテコな先生やクラスメイトとハチャメチャな日々を過ごすというドタバタギャグです。
 
ゲームの内容や背景はこちらのサイトが詳しかったので、興味がある方はぜひごらんください。
 
さてこのバカハザ、元祖「バイオハザード」、いわゆるバイオ1をなぞる形で制作されています。
マップ、敵、アイテム、曲&SE、タイプライターの位置、それからストーリーもバイオ1を彷彿とさせる、しかしバカボンらしいギャグテイストの内容となっており、バイオ1にハマった人なら懐かしさで胸がいっぱいになりつつ、クスッとくること間違いなしでしょう。
グラフィックもサウンドも8ビット風なので、ドット絵特有のかわいらしさと、その反面、現れる敵の不気味さにもやっぱり懐かしさを感じつつ、楽しく遊んでいただけるのではないでしょうか。
 
 
と、ここでせっかくなので開発中の話をひとつ。
私がバイオ1をプレイしたのは十数年前のこと。そこでまずバイオ1を思い出して頭に叩きこもう、そしてどうせやるなら一緒にやろう、ということでゲームドゥの中村社長がバイオ1のソフトを持って我が家にやって来ました。
部屋のカーテンを閉めて真っ暗にしてさっそくプレイ開始。「懐かしい~」なんて言いながらコントローラーを握る中村さん。
昔のバイオはラジコン操作が難しいんですよね~って、ジルが前に進まずムーンウォークみたいに後ろに下がってるんですけど…そしてひとしきりその場でくるくる回ったあと、壁をガリガリ削りながら進んでるんですけど…。中村社長の操作テク、予想以上、いや、以下だった!

 

途中で黙って見ていられずコントローラを奪ったりしつつ、バイオ1を無事クリア!

その後も開発中はひたすらバイオ1のマップやイベントを研究しまくり、最終的には全ての部屋の間取りを把握できるほどの熟知っぷりに至りました。

かつてバイオ4をやりすぎてサラザールの城の間取りを完全把握してしまった私ですが、同様にバイオ1の洋館~寄宿舎~研究所はもう勝手知ったる他人の家状態にまでなりました。

ゲームドゥのスタッフの皆さんも同様で、その結果、バイオ1の再現度の高い「バカハザ」が生まれたのだと思います。

 

とはいえこのバカハザ、実はバイオ1を完コピしているわけではありません。ところどころに、バカハザ特有のイベントやルートも用意されています。「バイオ1でやりこんだから大丈夫~♪」なんて思っていたら大間違いです!
どこが違うのかはぜひダウンロードして、実際にプレイしてお楽しみください。そして初代バイオ1ばりの難易度ですが、「これでいいのダ!」ならぬ「これがいいのダ!」でがんばってください!
 
お知らせ:
11/3にアップデートが入ったとのこと。設定から新しい操作方法が選べるようになりました。新しい操作方法はコントローラタイプで私的にはヒットでした。すでにダウンロードしてくださってアップデートしていない方、ぜひ試してみてください。
 

【お仕事紹介】スマートフォンアプリ「みどりのほしぼし」配信開始!

ban サウンド仕事 お知らせ
シン・ゴジラで心のなかの小学生が燃え上がっています。こんにちは。banです。
 
 
 
さて、久々ですが今日はお仕事紹介です。9月1日、OBOKAIDEM様からリリースされたiOS/Apple TV/Android対応アプリ、「みどりのほしぼし」の効果音(追加分)を担当させて頂きました。
 
 


みどりのほしぼし Teaser

 
 
前作「みどりのほし」は、惑星緑化をテーマにした、いわゆる放置ゲーでした。緑化のエネルギーを得るため、上空を通過する彗星を「リユース砲」というウェポンで破壊するわけですが、これがやたら爽快。さらに降ってきた資源をスワイプ操作で回収するのがまた気持よく、回収した資源を使って砲を強化したり、回収システムを強化してさらに効率化を図ったりするのが楽しく…と、放置ゲーでありながらつい立ち上げてちまちま彗星を破壊してしまうという中毒性の高いゲームでした。なんと多言語対応、全世界で200万ダウンロードを達成したといいますから凄い!私もスキマ時間があると立ち上げてコツコツやってましたねえ…レーザーを強化して彗星をバリバリ破壊する手応えが妙に気持ちいいんですよ。やってることは単調ながら、その気持ちよさでついいじってしまうという。それに可愛らしく味のあるドット絵のグラフィックがたまりません。
 
 
その魅力的な手触り、ゲーム性はそのままに、様々な新機軸を盛り込んでパワーアップしたのがこの「みどりのほしぼし」です。banは新規に追加された効果音の作成を一部担当しました。緑化装置がゴボゴボいう音や、宇宙船の改造時に鳴るトンテンカンという音がそれ。他にも色々作ってます。もちろん前作で使われていた印象的な音はそのままなので、前作からのファンの方には「あっこの音追加された?」と効果音にもちょっとした発見をしていただけると嬉しいです。
 
 
もちろん、前作を触ったことがなくても問題なく楽しめるので、ぜひダウンロードして触ってみてください!
 
 

 
 

第17回札幌ゲームクリエイターズ会と札幌ゲーム会社まとめ更新

この時期の紫外線の威力ときたら。banでございます。

 


さて、去る5/20日に行われた、第17回札幌ゲームクリエーターズ会に出席してまいりました。ここ数年、スタジオ・サニーサイドからはkatoが立て続けに出席しておりましたが、私自身の出席は実に久しぶり。というか独立してから出るのは初めてではないか。ということでかれこれ5,6年ぶりくらいの顔出しになります。その上もともと人見知りするタチなので、自分の中で勝手にアウェイ感を生じてひとり緊張の面持ちで会場入り。

 


しかし蓋を開けてみれば、知った顔お馴染みの顔があちこちに。久しぶりということもあって挨拶も会話も弾み、あっという間の濃厚な二時間でした。まあ空きっ腹にウエルカムドリンクのビールをしこたま流し込んだ効能かもしれませんが…。

 

 

今回、幹事を務めていただいた株式会社ハ・ン・ド様の計らいで、名刺交換ゲームがあり、全く知らない方とも会話の機会がうまれ、思わぬ所から話が発展するなどの化学反応もありました。会場では大型スクリーンに各社様の自己紹介ムービーが流れ、スタジオ・サニーサイドでもプロモーション映像を自作して流していただきました。

 


このように終始にぎやかに会はすすみ、最後に全員で記念写真を撮ってお開きに。大変実りある集まりとなりました。幹事の皆様、ありがとうございました!次回は11月ごろの開催予定とのことで、今から大変楽しみですね。

 

 

f:id:studio_sunny_side:20160523085440j:plain

(写真は、他の参加者の方からいただきました。ありがとうございます!)

 

 

また、札幌のゲーム開発会社まとめを修正しましたのでお知らせします。

matome.naver.jp

 

今回は株式会社アクロディアさんを追加しました。

ご連絡ありがとうございました!

www.acrodea.co.jp

 

引き続き、札幌にあるゲーム開発会社の情報がありましたらお知らせいただけますと幸いです。

【お仕事紹介】3DSダウンロードソフト「棒人間チャレンジ!」配信中!

ban サウンド仕事 お知らせ

上着を着て出かけようかどうか悩む。そんな微妙な気候の北海道よ。
ご無沙汰しております。banです。

 

 

さて本日はサウンド仕事のご紹介です。ニンテンドー3DSのダウンロード専用ソフト「棒人間チャンレンジ!」が、4/20にバンダイナムコエンターテインメント様よりリリースされました。banはBGMと一部SEを提供させていただいております。

 

 


ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト「棒人間チャレンジ!」ゲーム紹介映像!

 

 

シュールカワイイ見た目の棒人間が、81種類ものミニゲームにチャレンジするというお気軽ゲームです。一つ一つのミニゲームは至ってシンプルですが、シンプルなだけに記録へのトライアルが熱い!記録をネット経由でランキングに登録できるので、上位ランク入りを狙うと俄然ヒートアップします。

 


こういうシュールなゲームはさぞや小学生男子がお好みになられるであろう…と思って早速購入。うちの一年生にやらせたところ、「ジャイアントスイング」で地面に突き刺さっては爆笑。「がけランニング」で谷底に落ちては爆笑。「ふんではいけない」でウ●コを踏んで爆笑。という期待通りの爆笑っぷりで、笑いすぎるあまり記録がいっこも伸びません。父としては「ああ…時代が変わっても小学生男子の笑いのツボは変わらないのだな」と視線が遠まるのでした。

 

先日発売されたファミ通では、見事ゴールド殿堂入り!おめでとうございます!小学生男子と、小学生男子の魂を持った大人達のハートをがっちりつかむ名作、ぜひダウンロードしてみてください。

 


BGMの制作にあたっては「単純なメロディの繰り返しで!」という指定を頂きましたので、遊んでいるときの勢いも重視しつつ、耳に残る繰り返しの多いメロディを目指してみました。主題となるメロディをもとに、それを発展させて場面に合わせた曲を作る、という手法で制作しています。よく聞くと、どの曲も同じメロディをいじって作られているのがわかると思いますので、BGMにも耳を傾けて頂ければ幸いです。

 

 

なお作り手としては、制作チームの方々に「耳に残りますね!」とバッチリ言って頂けたので、してやったり、とニヤニヤしております。

 

 

体験版もあるよ!

bo.bn-ent.net