読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

自作が熱い!自作服コレクション「街へいこうよ どうぶつの森」中編

こんにちは!
ロンドンオリンピック期間中は、雑談でいきます!(正々堂々と宣言)
加藤です。


前回の北京の時はクライアントさんの所に通勤していて、
前々回のアテネの時は会社員だったんですが、
いずれも毎日帰宅は午前様…みたいな時期だったのであまり観戦できなかったんですね。
(年末発売タイトルだと、夏は忙しい時期なのです)
今回は自宅で作業しているので、夜子供と一緒に早く寝て、
朝4時くらいに起きて観戦…という感じで楽しんでいます。



さて前回から、「街へいこうよ どうぶつの森」の雑談をしていますが、
今回は自作の服を紹介します!
どうぶつの森では、自分でドット絵を描いて、服を自作できます。
N64版やDS版でも毎回服作りはしていたんですが、Wii版だと
スクリーンショットが撮れるので、ゲーム画面がきれいに残せていいですよね!
生活シミュレーションや、MMOなんかのゲームだと、
他のプレイヤーに自慢できるというのがひとつの面白ポイントなので
そういう意味でもスクリーンショットが撮れる機能はおいしいです。


※画像は、クリックすると大きくなります。
※服のデザインは以前ゲーム系SNSでも紹介していたので、
そっちでもう見たよ!という方がいたらスミマセン!

  • げいしゃさんの服

 

市販のぼうし「げいしゃさん」に合う渋い着物がほしくて自作しました。
ポイントは抜き気味にした襟足と、裾からチラリと覗く赤い襦袢のつもりなんですが、
ゲーム画面だとそこまで見えないですね。紋付きです。
左の写真は、友達と2人で記念写真! 左側のキャラが私ですが、
直前にハチに刺されて顔が腫れて、期せずも「おいわさん」になってしまい
待ち合わせした友達に驚かれました。

  • つりキチの服

 

釣りにハマっていた時、キャップとサングラスを合わせて松方弘樹になろうと思って作ったら
髪型のせいで釣りキチ三平の魚紳さんになってしまいショックを受けました。
かっこいいですけどね、魚紳さん。昔憧れてました。

  • めぐみの服

 

ban氏に「男性用の和服なんか作って」と頼まれて作った火消しのハッピ。め組です。
実際の祭り半纏ってけっこう複雑な柄だったので、フィーリングで仕上げました。

  • れんぽうぐんの服

 

ちょうどガンダム(ファースト)を見ていたので作りました。
ban氏に「女子の制服はピンクなんだよ」と指摘されたのでピンクも作ったのですが
やはりブルーの方がかっこいいですね。

  • どうめいぐんの服

 

銀河英雄伝説の同盟軍の制服です。上のガンダムの制服を作ってみて、
「アニメに出てくる制服って、色や柄がハッキリしていて作りやすいしわかりやすい!」
と気づき、何かアニメの制服を…と考えた時に思い浮かんだのがなぜか銀英伝
ちゃんとベレー帽と合わせているあたりが今見ると笑えます。
ちなみに帝国軍の制服も作ろうとチャレンジしたものの、難しくてギブアップしました。
華麗すぎだよ帝国軍…。


  • とくしゃにかの服

 

パトレイバーの制服です。
最初は、友達がウルトラマンの服でやってきたので(詳しくは後述します)
科学特捜隊の制服を作っていたのですが、どうもうまくいかない。
そこで特車二課に方向転換したらすごく描きやすかったです。
おまけにこれ、オレンジ色も、黒いラインもはっきりしていて、夜の薄暗い森でもすごく目立つ。
改めていいデザインだなと、なぜかどうぶつの森で実感しました。

  • にせリンクの服

 

ゼルダの伝説のリンクの……明らかにニセモノっぽい服。
リンクの服がゲーム中で市販されていると知ったものの、値段が高くてとうてい手が出ない。
そんなわけで自作したんですが、なんというか「どーせ私にゃ買えねえよ!」という
ヤケクソになった感情が見てとれる、かなりざっくりした仕上がりです。
緑色に塗っただけの絵を帽子にしてかぶり、さらにニセモノっぽさがアップしています。


あと、村に遊びに来た友達が置いていってくれた服です。載せちゃえ。
ちなみにこれを作った方はデザイナーさんです。

  • ウルトラの服

 

こういう曲線を描くのは難しいのですが、さすがの出来です!
背中のチャックの質感が泣かせます。

  • いちごうの服

 

立体感があってかっこいい! 特に後ろの肩甲骨のあたりが。
あとベルトがあえて太めなのもいいですよね。



…とまあこんな感じで、服をちまちま自作して喜んでました。
他にもいろいろ作りましたが、きりがないのでこのへんで。
服以外にも、村の入り口や、家の前に立てる旗なんかも作ったりして、面白かったです。


デザイン会社さんの村に遊びに行った時は、地面もいろいろ描き変えていて、
一目で誰の家かわかるようになっていたり、道順を矢印で案内してくれたり、
立ち入って欲しくない花壇の周りは、黄色と黒の立入り禁止マークで囲っていたり…と、
村全体がグラフィカルで感心しました。


また自作といえば、ban氏の方は村メロ(村で鳴るジングル)を変えていました。
私たちの村は「おにこべ村」と言うのですが、
これは金田一耕助シリーズ「悪魔の手毬唄」に登場する村の名前なので
その映画の主題曲「哀しみのバラード」を村メロにしてくれていました。
なおN64版の時は「やつはか村」という名前だったんですが、
その時は映画「八つ墓村」の主題曲が村メロでした。
周りの友達からは「こわい」「あんまり行きたくない」と大変好評(?)でした。




そして次回は、「どうぶつの森での、服の作り方」をお教えしようと思います。
あんまり絵とか描かない人でも作れる(かも?)というのも目指してますので
もしよかったらごらんください! では来週!