読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

ささやかな出張Tips!?「パジャマ持参」

仕事一般 kato

こんにちは!
新しい仕事部屋に初めての冬が訪れ、
想像以上に寒くて日々防寒に心を砕いている、加藤です!



さて今回は、いろいろ用事に追われていまして
ちょっとしたお話でお茶を濁させていただきます!


私は会社員時代、1ヶ月に1回くらい、
札幌から東京に出張に行っていた時期がありました。
出張は嫌いではなく、むしろ気分が変わって好きな方でしたが、
そんな時にホテルで快適に過ごす方法を耳に入れまして
試してみた結果「これは…いい!」と思ったことがありましたので
ここで紹介したいと思います。

その方法とは……

出張にパジャマを持って行く

でございます。


皆さん普通のビジネスホテル泊まりであれば、
部屋に浴衣が置いてあるので、パジャマなど持たずに行くかと思います。
がしかしあの浴衣、ノリが効き過ぎてなんか硬い。
しかも寝ているとどんどん脱げてきて、
朝には帯しか残らないくらいになっているのが基本で
(私の寝相が悪いんでしょうか?)
全体空調になっているビジネスホテルでは肌寒かったりして
あまり快適とは言えません。


そこでパジャマ(というかTシャツ&スウェットといった部屋着)を
出張に持って行ってホテルで着てみたところ……

超・快・適!!

一瞬でホテルの部屋が自宅感覚に!
…それくらい快適、いやほんとに!


↑イメージ画像。
ホテルのベッドの硬さにはいつまでたっても慣れない…。


なんというか、自分が着古してなじんだ部屋着の優しさと慣れ親しんだ洗剤の匂いが、
大都市東京の片隅の狭くて古いビジホのベッドの上で疲れた体を横たえながら
東京ローカル(?)の深夜番組を見ている自分をふんわりと包んでくれて
乾燥しすぎな部屋の空気も、ノリ効き過ぎて硬いシーツも優しく感じるというか…


すみません大げさに言い過ぎましたが、とにかく予想以上によかったです。
パジャマが荷物になってしまうのが難ですが、
ハードスケジュールで、少しでも回復したいような出張の時、
またあのホテルの浴衣やシーツの「ノリ効き過ぎ感」が苦手な方は
ぜひ一度試してみて下さい。


なお個人的にはいつも入浴剤を持って行ってました!
「自分でお風呂掃除しなくていいなんてステキ…」と思いながら
湯につかってました。
で、その後のお湯を朝まで捨てずにバスルームの戸を開けておくと
心持ち、室内の乾燥を緩和できるような(気がします)。



そんなささやかすぎるTipsとも言えないTipsをささやきながら
今週はこのへんで!また来週!