読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

「愛媛県庁×愛媛FCコラボムービー」のサウンドを担当しました。

目下の目標は減塩生活。たいへんご無沙汰しております。banです。




さて今日はお知らせです。去る7/26(土)、愛媛県松山市の松山ニンジニアスタジアムにて行われた、愛媛FCvsコンサドーレ札幌の試合。そこで試合前に上映された、愛媛県庁×愛媛FCコラボムービーのサウンド(音楽・効果音)を担当させていただきました。その動画がこのたびYouTubeにもアップされましたので、ぜひ御覧ください。





松山城下にそびえる愛媛県庁。その庁舎の中へボールとともに突入していく愛媛FCの選手たち!というビックリ映像ですが、最後はラスボス的にあの方が登場。果たして選手の運命は!という、公式コラボならではのサプライズが待っております。


愛媛県庁と愛媛FCのムービーの音に、なぜ札幌在住のオイラが!という点ですが、今回縁あって、東京と松山市を拠点にゲーム制作を手がける企業、株式会社オートクチュール様からご依頼を頂きました。愛媛生まれの愛媛育ち、札幌に来るまでは松山在住だった私としては、故郷からの依頼に胸と目頭を熱くしながらの制作。特に冒頭の県庁前を市電が走る風景と、動画中発せられる伊予弁には懐かしさのあまりつい作業の手も止まり、いや止まってはアレなのですが、ついモニターから離した視線が遠くに飛んでいきがちで…。


なお、地方におけるゲーム開発といえば、福岡や札幌などが有名ですが、そういうのとは無縁に思われていた愛媛県、ひいては四国でもこのような企業が活躍の場を広げているという現状を知り、ゲーム開発の地方化が着々と進んでいる実感を持ちました。地方活性化のためにも、こうした動きは大いに歓迎したいと思います。




なお7/26の試合ですが、愛媛FCは残念ながらコンサドーレ札幌に劇的な逆転負けを喫してしまい、札幌在住の私としてはガッカリすべきなのか喜ぶべきなのか複雑です。