読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

【悲報】BIAS社終了のお知らせ

賞味期限は己の鼻で見極める。こんにちは。banです。



以前このブログでも紹介した愛用の波形編集ソフト、BIAS社のPeakですが、
先週、なんとBIAS社が会社をおたたみになられるという衝撃の事実が発覚しました。うそ!マジ?


マジでした。
http://www.BIAS-inc.com/

BIAS, Inc. has ceased operations. We would like to thank all the BIAS customers and friends for the opportunity to have served the audio community for over 16 amazing years.
The BIAS Authorization Manager Server is functioning for authorizing and de-authorizing BIAS products at this time.
Follow these links to access the FAQ and updates areas of the BIAS site.

バイアス株式会社は会社終了の手続きに入ったよ。16年以上に渡る素晴らしい期間、音響業界に奉仕する機会を持てて、すべてのバイアスのお客様、そして友達に感謝したいよ。
BIAS製品のオーサライズ/デオーサライズ用のBIASオーサライズ管理サーバは、今現在も機能しているよ。
FAQとアップデータのページにアクセスするには、こっちのリンクから行ってね。

(意訳:ban)




今の私の心象風景





BIAS製品はネットワーク経由で、製品のアカウントをオーサライズ、またはデオーサライズします。
つまり正規版を使うには、インストール後にネットワークに接続して、オーサライズコードを入力し、
BIAS社のサーバから「よしこれは正規版!使ってよし!」というプロテクト解除の命令を得て、
ようやく起動できるようになるわけです。
が、それの専用サーバまで終了してしまった場合、インストール済みの製品は再インストールが不可能になり、
未インストールのパッケージは空しいタダの箱と化してしまいます。
一体このサーバはいつまで稼働しててくれるのか…。
いや向こう3年は動いてて欲しいわけですが、心配。ちょう心配。


というかですね、もういっそAppleがPeakを買い取って、
機能やインターフェースを洗練させた上でApple純正アプリとして出してはくれまいかと思うわけですよ。
しかもAppleパワーでお安くなればなおナイス。Logicみたいに。どうですかAppleさん!どうなんですか!


…まあ当面は手持ちのPeakを使い続けるつもりですが、
この7月に出ると発表された、OS X Mountain Lionへの対応は、これで無くなった…よね、やっぱり。
現行のLionちゃんが不具合大連射の俺泣かせOSなので、
こたびの山ライオンで多少なりとも改善されて心身ともに安らかなMac生活に戻れれば、
と明日に望みをつないでおったわけですが、
主力ソフトがこの体たらくでは当面Lionを使い続ける事になりそうで鬼トホホです。


しかしいつまでも同じOSを使い続けるわけにはいきません。いつかはアップデートもせんといかん。
というわけで、先日の段階では半ば妄想状態だった、
パラレルデスクトップ+Sound Forgeの組み合わせが、ここにきて俄然注目度アップです。
まさかこんな形で乗り換えを検討することになろうとは。人生好事魔多し。一寸先はダークネス。


今後はPeakの命運を生温かく見守りながら、BIAS社の冥福と買収を心よりお祈りいたします。
私からは以上です。


SOUND FORGE AUDIO STUDIO 10

SOUND FORGE AUDIO STUDIO 10

Parallels Desktop 7 For Mac

Parallels Desktop 7 For Mac