読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

いるかいらないかで言えばいらないけどほしくなるAdobe Photoshop

こんにちは!
一週間たつのHAEEEEE!
加藤です。


シナリオ仕事で使っているソフトウェアのお話をしていますが、
今回は画像編集ソフトの王様Adobe Photoshopです。

Photoshopって高いですよね。特にCS版の方。手が出ませんよ!
私が持ってるのはお安いElementsの方ですが
本職のデザイナーさんじゃないかぎりElementsで問題ないと思います。

Photoshopほしいけどどうしようかな〜とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
シナリオ仕事ならPhotoshopは不要です。
まれに美説資料がpsd(Photoshopデータ)の時がありますが
Photoshopありません」と言って先方に変換していただけばいいかと。


ただ、ゲームプランナーとなればぜひ持っていたいところです。
デザイナーさんから上がってきた画像を見たり
企画書に添付する画像を作ったりするのに使用します。

ここで昔作ったオリジナル企画書の画像を貼ってみます。
恥ずかしいので小さい画像ですが…。

これは何かと言いますと、当時、ファミコンソフト「スパイVSスパイ」みたいな
リアルタイム対戦型ゲームのアイディアを考えていたんですよね〜。

スパイVSスパイ

スパイVSスパイ

「スパイVSスパイ」熱いですよね〜。
ああいう、他人を蹴落とすようなゲームがやりたくて。

企画書ならドローソフトで作るべきなんですが、
まず自分の気持ちを鼓舞するために
Photoshopでそれっぽいものを作ってみた…というのがこの画像です。

素材のキャラ絵とロゴは友人のデザイナーさんに描いてもらいました。
ラフ画を描いてお願いしたので、デザインは一応自分です。京劇風です。
今見ると、読みにくいし、文章だらけだしダメな感じ…。
でもまあ、せっかく発掘したんで貼っときます。


企画書以外だと、名刺を作ったり、身の回りのデザインに活用しています。

チラシ作ったりとか。


もちろん写真の色合い調整やトリミングなどにも使用しています。
ただ最近思うのですけど、スナップ写真は
「色が暗かったりするのも味じゃないか?」と思って直さなくなりました。
(私の修正技術が追いついていないだけのような気もしますが)


Photoshopは奥が深いので、いくら話してもキリがないですね。
また何かネタがあったらPhotoshopの話をしようと思います。
次回は…今度こそシナリオ作業に必須!な日本語入力システム
ATOKの話をします。では!

ATOK 2012 for Windows [プレミアム] 通常版

ATOK 2012 for Windows [プレミアム] 通常版