読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

企画書以外にも活用!Microsoft PowerPoint

シナリオ仕事 ソフトウェア kato

こんにちは。
ban氏に使っていないノートPCを貸したら
開発ツールを山盛り入れられ、
挙動がおかしくなった状態で返されたため
フォーマットを覚悟した加藤です。

あいさつ(恨み節)が長くてすみません。


さてゲームのシナリオ作業で使っている
ソフトウェアを紹介していますが、
今回はMicrosoft PowerPointのお話です。

Microsoft Office PowerPoint 2010 通常版 [パッケージ]

Microsoft Office PowerPoint 2010 通常版 [パッケージ]

PowerPointについて真面目に語り始めると
半年は授業できてしまう勢いなので
(というかしてましたので)
ここでは私の作業に関係するお話にします。


企画書といえばなんとなく
・クライアントや社外に出すゴージャスな企画書
・社内用の情報が伝わればいい企画書
の2種類があるかと思います。

私の場合ですが、ライティング業務の一環として
ゴージャス企画書作成のお手伝いをすることがあります。
Photoshopでそれっぽい仮ゲーム画面を作成し、
いかにも面白そうな文章で煽る!
という作業は、個人的に好きで燃えます。


また意外とPowerPointを活用しているのは、
シナリオに添える図解を描く時です。
文章だけでは伝えにくい場合に図解を添えたりしますが、
昔は使えそうな画像を検索して持ってきたり
昔とったきねづか的に自分で絵を描いていました。
しかし年をとるとなんかめんどくさい
もっとスマートにいきたいなとPowerPointの描画に着地しました。

作りかけて結局使わなかった図を貼ってみますと

こういう単純な絵なら図形を組み合わせて
すぐできちゃうのが魅力です。
当たり前ですけど文章も好きなようにつけられますしね。
色の塗り方など、機能を駆使すればもっと複雑な図も作れます。


ゲーム会社に勤めていたとき、
細かい図形を何十何百と組み合わせて
クオリティの高いイラストを完成させるプランナーさんがいて
パワポ職人”と呼ばれていました。
これも一種のワザですね。

要は伝わればいいので手書きでも何でもいいのですが、
自分なりの「早くて美味い」方法があると
良いのではないかと思います。


…と、ここまでPowerPointのことをお話しましたが、
純粋なシナリオ作業ならPowerPointを使うことはあまりありません。
ただ、ゲームの企画書は必ずいただくので、
見るためのViewerは必須かと思います。
Viewerは無料でダウンロードできます。


次回は、デザインソフトといえばコレ!
Adobe Photoshopのプランナー的使い方について
お話しする予定です。