読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ・サニーサイド

札幌を拠点に活動する、ゲームのサウンド&シナリオ制作スタジオです

Mac入れ替えました


好きなチャンネルはNHK教育。こんにちは。banです。


これまで仕事で使っていたMacbook(Early 2009)ですが、スペック的にさすがに厳しくなってきたので、
思い切ってMac mini(Mid 2011)を導入しました。AppleストアでBTO。オプション盛り盛りです。
目玉は起動ディスクをSSDにしたことで、これのおかげで正直価格が倍近くなり、注文ボタンを押す手にもねばい汗が。
しかし葛藤の結果、これも投資のひとつじゃあ!と腹をくくり、ポチっと購入をかましました。
一週間後。届いたMac miniをいそいそと開封し、アマゾンで買った格安メモリ(4GB×2枚)を挿して起動起動!
早速各種設定を行い、アプリもインストールし、挙動を確かめてみました。



…すげえ!爆速!はっやーい!


もうこの感動は失禁モノでしたね。マシンの起動は20秒もかからないし、
デジパフォやExcelといった重いアプリの起動も5秒とかからない。終了も一瞬。
CPUについてもオプションでより速いものを選んだのですが、この速さは明らかにSSDの恩恵です。
しかも起動中は不安になるほど静か。PCを動かしている時に特有の「ムオオオオオ」という駆動音が全くしません。
この「静か」という点は我々音屋にとっては大きなメリットですね。
こちとら狭い仕事場でやってるもんですから、雑音の発生源であるPCは静かであればあるほどよろしい。
SSDはHDDみたいに駆動部が無い分、耐久性も抜群です。


どう考えてもメリットだらけで、じゃあもうHDD要らないじゃん、と言う気もしますが、SSDのネックは価格。
今回BTOで積んだのは256GBのSSDで、これがBTO価格でHDDに比べて+5万円ですから,
私の手がねばくなったのもお分かりいただけるかと。
単純に対容量比だけ考えれば、タイの水害で高くなったとはいえ、圧倒的にHDDが安い。というかSSDが高い。
256GBで6万円強。2TBのHDDが1万円を切っているこのご時世にですよ。まあBTOなので割高だったというのもありますが。


しかし、そんな価格の差を考慮してもなお、私は多分もうHDDには戻れません。
それほどまでにSSDは快適かつ爆速でした。これで5万の投資なら納得だわ。
おそらく今後はSSDの需要も伸び、値段もさらにこなれてきて、
ゆくゆくはHDDに取って代わる存在になってくると思います。
これからマシンを買い換えようと思っている方にはぜひ


強 く


オススメしたい。速度を重視するそこのあなた!ぜひ!私からは以上です。